RaspberryPi3 CPUクロック数、CPU数、CPU温度を取得する方法

RaspberryPi3が楽しくていろいろ試しています。microSDカードにOSイメージを書き込んでカスタマイズするだけですが、便利なサーバーはそのまま連続運転しています。

レトロゲーム専用に「Retropie」をインストールしたり、家庭内CDを全てmp3にして音楽サーバー「Volumio2」で楽しんだりと、RaspberryPi3 が増えています。

システムのヘルスチェックにCPU情報を取得する方法を掲載しています。

コマンドを使ったCPU情報の取得

catコマンドを使った場合

# cat /sys/class/thermal/thermal_zone0/temp
49925
なぜか49.925℃が49925と表示される

vcgencmdコマンドを使った場合

# vcgencmd measure_temp
temp=50.5’C
ひと目で温度が分かる表示

CPU周波数を表示する
# vcgencmd measure_clock arm
frequency(45)=600000000
RaspberryPi3はクロック数1.2GHzですがアイドル状態は600MHzのようです。

CPU電圧を表示する
# vcgencmd measure_volts
volt=1.2000V

CPU(arm),GPUのメモリ使用量
vcgencmd get_mem arm
arm=948M

# vcgencmd get_mem gpu
gpu=76M

vcgencmdコマンドのオプション一覧
# vcgencmd commands
commands=”vcos, ap_output_control, ap_output_post_processing, vchi_test_init, vchi_test_exit, vctest_memmap, vctest_start, vctest_stop, vctest_set, vctest_get, pm_set_policy, pm_get_status, pm_show_stats, pm_start_logging, pm_stop_logging, version, commands, set_vll_dir, set_backlight, set_logging, get_lcd_info, arbiter, cache_flush, otp_dump, test_result, codec_enabled, get_camera, get_mem, measure_clock, measure_volts, scaling_kernel, scaling_sharpness, get_hvs_asserts, get_throttled, measure_temp, get_config, hdmi_ntsc_freqs, hdmi_adjust_clock, hdmi_status_show, hvs_update_fields, pwm_speedup, force_audio, hdmi_stream_channels, hdmi_channel_map, display_power, read_ring_osc, memtest, dispmanx_list, get_rsts, schmoo, render_bar, disk_notify, inuse_notify, sus_suspend, sus_status, sus_is_enabled, sus_stop_test_thread, egl_platform_switch, mem_validate, mem_oom, mem_reloc_stats, hdmi_cvt, hdmi_timings, file”

※vcgencmdコマンドをPHPやPythonから実行すればCPU情報を使った処理にも応用できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました