CentOS7 swapを無効にする設定

CentOS Official Logo

CentOS Official Logo


swapが有効になっているとmicroSDへのアクセスが発生してmicroSDカードの寿命を縮めるためswapを無効にしました。

動作環境

実機:Raspberry Pi 3 B+
OS: CentOS
microSD 8GB
WindowsからSSHにてrootユーザで接続中。

[root@centos-rpi3 ~]# more /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

デフォルトの設定

freeコマンドで現在のスワップを確認。
[root@centos-rpi3 ~]# free
total used free shared buff/cache available
Mem: 949548 45688 785188 12176 118672 847256
Swap: 524284 0 524284

swapoffコマンドにてswapを無効にする

[root@centos-rpi3 ~]# swapoff –all

swap領域の状態を確認

[root@centos-rpi3 ~]# free
total used free shared buff/cache available
Mem: 949548 45616 785160 12176 118772 847364
Swap: 0 0 0
このままリブートするとスワップが有効になってしまうので/etc/fstabファイルを編集する
[root@centos-rpi3 ~]# vi /etc/fstab
#Generated by RootFS Build Factory
LABEL=4644C237 /boot vfat noatime 0 0
UUID=0980ad33-0130-4c75-98e0-b03975a1d929 swap swap noatime 0 0 <=コメントアウトする UUID=fe41dacc-3232-43fc-a020-16d3c27b0390 / ext4 noatime 0 0 変更後) #Generated by RootFS Build Factory LABEL=4644C237 /boot vfat noatime 0 0 #UUID=0980ad33-0130-4c75-98e0-b03975a1d929 swap swap noatime 0 0 UUID=fe41dacc-3232-43fc-a020-16d3c27b0390 / ext4 noatime 0 0 システムを再起動してswapが無効になっている事を確認する。 [root@centos-rpi3 ~]# reboot

コメント

タイトルとURLをコピーしました