Laravel5.5をNginxで動かす設定方法

Laravel5.5の開発環境を作ったときの記録になります。

私が使っているサーバー(VPSやクラウドサーバー)はNginxがメインになっているので、PHPフレームワークごとに手順と設定ファイルをまとめてみました。

動作環境

  1. OS:Raspbian GNU/Linux 9 (stretch)
  2. nginx/1.10.3
  3. Laravel Framework 5.5.33
  4. PHP 7.0.27-0+deb9u1 (cli)
  5. php7.0-fpm/stable,now 7.0.27-0+deb9u1 armhf

目的

Webサーバー「Nginx」でLaravel5.5を動かす
ブラウザからlaravel.mydev.localにアクセスするとLaravelデフォルト画面が表示する。

Nginxの設定手順のまとめ

  1. nginxをインストールする
  2. php7.0のインストール
  3. php7.0-fpmをインストールする
  4. 設定ファイルの編集
  5. php7.0-fpm.serviceの起動
  6. longinx.serviceの起動(再起動・リロード)

公開するディレクトリ
/var/www/mydev.local/laravel.mydev.local/myblog/public/

ドメイン:mydev.local
サブドメイン:laravel.mydev.local

Nginxの設定ファイルの内容
nginx3_laravel55_mydev.local.txt

動作確認

クライアントのブラウザ(Chrome)から laravel.mydev.localにアクセスする

コメント

タイトルとURLをコピーしました